かおり幼稚園

「かおり」の教育・保育の柱

「かおり」では、開園以来変わることのない人間観を基として保育を行っています。
それは、私たち生きとし生けるものすべては、神さまによって造られ、
そして神さまによって愛され守られているという、キリスト教の人間観です。
「かおり」で過ごす子どもたちひとりひとりが、神さまに守られているかけがえのない存在で
あることを感じ取ることができるように、教職員一同、心の通い合う関わりを
大切にしていきたいと願っております。

「かおり」の教育・保育の柱

あそぶ

  • お友だちといっしょに遊ぶ
  • 楽しさ、達成感、充実感を知る
  • 安全性を身につける

はぐくむ

  • 生活リズムを整える
  • 集団生活を通して思いやりの心を育て、
    社会性を身につける
  • 身の回りのことを自分でする生活習慣を身につける。

大切にしている活動《3,4,5歳》

礼拝の中で…

  • 自分自身が神様に造られたかけがえのない存在であることを知ります
  • お友達も神様に造られた大切な存在であることを知ります
  • どんな時も神様が守ってくださっていることを知ります

遊びの中で…

  • 思考力(考える)や創造性(工夫する)の発達が促されます
  • お友達とのかかわりの中で、社会性が育てられます
  • 楽しい遊びを見つけていく中で、自発性や自主性が育ちます

体験を通して…

  • 園庭で、畑で、公園で、お山で・・・四季の自然を見つけよう
  • 製作、楽器演奏、体操教室・・・楽しくチャレンジ
  • マーチング、運動会、クリスマス聖劇、発表会・・・見ててね、がんばるよ!
  • 花の日の訪問、高齢者施設での交流・・・地域の人たちとの出会い

共に育つ

子どもたちは、生きる力、自分で伸びようとする芽を持っています。
子どもたちが自ら気づき、生きるための力が育まれることを応援します。
複数の教師によるチーム保育を行い、特別な支援が必要な子どもたちもともに成長していく
「統合保育」を実践しています。そして、
どんな子も、「つまずいても立ち上がっていく力」を育みます。

かおり幼稚園のこれまでの歩み

これまでに、約2,800名の卒園児を送り出しています。