園長のお話し

「生涯の土台づくり」

 

 - 井石 彰

緊急事態宣言が解除され、幼稚園もふだんの保育に戻りつつあります。冬に向かって感染の再拡大を心配する専門家の声もありますが、そのようにならないことを祈るばかりです。

コロナは多くの人たちに大きな影響を与えてきました。子どもたちも例外ではありません。コロナによってさまざまな楽しみを制限され、心が不安定になっている子どもが増えていると言われています。このようなときこそ、家族や先生たちが子どもたちの安心の基地となってほしいと思います。

先日、礼拝で子どもたちにイエスさまの語られた「家と土台」のたとえ話をしました。家を建てるときは土台が大切で、しっかりとした土台の上に建てられた家は雨風にも強いこと、しかし、土台が弱いとその上に建てられた家はもろく倒れてしまうことを話しました。イエスさまはこの話をとおして、私たちが生きていくための土台の大切さを語られました。

乳幼児期の育児は、まさに子どもの生涯の土台づくりです。その土台の上に子どもの人生が築かれていきます。そのように思うと、この時期の育児、保育がいかに重要であるかが分かります。今は亡き児童精神科医に佐々木正美先生は、この時期の育児についてこのように書かれています。「この乳幼児期の育児は、ひとことでいえば、子どもの要求や期待に、できるだけ十分にこたえてあげることです。せんじつめればそれだけのことです。そして、こちらから伝えたいことは、『こうするんだよ、そうしちゃいけないよ』と、おだやかに何回もくり返し伝えればいいのです。いらだったり、しかったりする必要はないのです。『いつできるかな』と、それだけのことでいいのです」。「十分に愛されることの喜びを与えること、育児はそれで十分なのです。人間は愛されることから、生きる喜びを感じ始めるのですから」と。

子どもたち一人ひとりが将来どのような人生を築いていくのか、そのことを楽しみにしながら、その土台づくりである乳幼児の育児、保育に心を注いで行きたいと思います。

■前の記事へ
「折れない心」
■次の記事へ
「クリスマスのおくりもの」