園長のお話し

「ありがとう」の心

 

 - 井石 彰

年長さんたちが春に幼稚園の畑に植えた枝豆が、順調に育ってたくさんの実をつけました。2学期に入ると早速、園児全員で収穫をしました。子どもたちは自分で摘み取った枝豆を袋に入れて家に持ち帰りました。一部の子どもたちは幼稚園で茹でた枝豆をおやつの時間に食べました。とりたての枝豆はとても甘くておいしく、子どもたちは大喜びでした。かおり幼稚園ではその収穫の恵みを神さまに感謝して、子どもたちと収穫感謝礼拝を行いました。
 この収穫感謝礼拝は、アメリカのキリスト教会から日本に伝わったものです。1620年にイギリスのキリスト者たちが、自由を求めて新天地の北米に帆船で渡りました。そして、その地を耕して作物を植えましたが、収穫はありませんでした。しかも、その年の冬はとても厳しくて、たくさんの死者が出ました。翌年、人々は先住民の人たちからトウモロコシなどの作物の栽培方法を学んで、作物を植えました。すると、その秋にはたくさんの収穫を得ることができたのです。人々は、どんなにうれしかったことでしょう。そこには、「神さま、ありがとう」という思いがあふれていました。そこで、人々は収穫の恵みを神さまに感謝し、先住民の人たちを招待して共に食事をしました。それが、収穫感謝礼拝の始まりだと言われています。
 かおり幼稚園では、収穫感謝にかぎらず「ありがとう」と感謝する心を大切にしたいと思っています。では、その「ありがとう」の心は、どのようにして育つのでしょうか。子どもたちに「ありがとう」と言うことを礼儀としてしつけようとしても、それは心からの「ありがとう」とはなりません。子どもたちはうれしいことを経験することで、「ありがとう」の心が育つのです。子どもたちがうれしいこと、それはまわりの人が自分の心をしっかりと受けとめてくれて、優しく対応してくれることです。そのようにまわりの人にいっぱい助けられ、支えられ、守られることによって、「ありがとう」の心が育っていくのです。そして、いつの間にか自然に、心を込めて「ありがとう」と言えるようになるのです。その「ありがとう」のひと言に、子どもの心の成長を感じることができるのです。

■前の記事へ
「昆虫と子どもたち」